診療時間 9:00~12:00/16:00~19:00 <休診日>土曜午後・木曜・日曜祝日
TEL:0584-47-9797
アクセス

統合失調症

MOBILE SITE
HOME»  統合失調症

統合失調症とは

思春期から40才くらいまでに発病しやすいといわれており、考えや気持ちがまとまらなくなったり、実際には見えないものが見える(幻覚)、聞こえない声が聞こえる(幻聴)や誰かに監視されているような気がする(被害妄想)など思考や感情がうまくコントロールできなくなってしまう病気です。この病気は脳内の機能の一部が低下することにより生じる機能障害で、100人に1人がかかると言われており、稀な病気ではありません。「早期に治療を始めるほど回復の程度が高いため、早期のうちに専門医による適切な治療を受けることが大切です。

統合失調症の主な症状

統合失調症の代表的な症状には「陽性症状」「陰性症状」「認知機能障害」があります。
下記のような症状に、当てはまると思うものがある場合は、一度受診されることをおすすめします。

  • 実際には存在しないモノが見えたり聞こえたりする
  • 悪口を言われていると感じる
  • 誰かに命令されていると感じる
  • 他人から危害を加えられていると感じる
  • 誰かに後をつけられていると感じる
  • 人とのコミュニケーションがうまくいかなくなる
  • 誰かから監視されたり、盗聴されたり、ねらわれていると感じる
  • 自分の言動が誰かに支配されていると感じる
  • 「楽しい」「嬉しい」「心地よい」などと感じなくなった
  • 注意力がひどく散漫になる など

原因

統合失調症の原因はまだはっきりとわかっていませんが、遺伝による要因や、脳内で情報を伝えるドーパミンなどの神経伝達物質のバランスが崩れると発症するといわれています。また、心理的なストレスや、進学、就職、結婚、肉親との離別など環境の突然の変化により発症するなど、さまざまな要因が複合的に関与していると考えられています。

治療

統合失調症の治療の基本は、薬物療法と精神科リハビリテーションです。

TOP