診療時間 9:00~12:00/16:00~19:00 <休診日>土曜午後・木曜・日曜祝日
TEL:0584-47-9797
アクセス

てんかん

MOBILE SITE
HOME»  てんかん

てんかんとは

てんかんは脳の病気で、脳の神経細胞の過剰な興奮(放電)が原因で、脳の発作が繰り返し起こる病気です。
発作は突然おこり、けいれんや意識障害などの症状が現れます。発作はたいてい数分で収まりますが、中に数十分ほど続く場合があります。
以前は子供の病気とされていましたが、現在では大人でもてんかんにかかるということがわかっています。また、治療が必要な患者数も大人の方が子供より圧倒的に多いです。当クリニックはてんかんの専門医・指導医をもつ院長が、大人のてんかんに力を入れており、最新の脳波計を導入し、診察・治療を行っております。

てんかんの主な症状

  • 全身のこわばりやけいれん
  • 突然に意識がなくなり、ボーとした状態が数秒から十数秒続く
  • 急に体の力が抜けてバタンと倒れる
  • 脳卒中をわずらった後にけいれん発作を起こしたことがある
  • 意識はあるものの、体の一部のけいれんが数秒から十数秒続くことがある
  • 手や肩がピクンとして、持っていたものを落とす
  • 光がちかちかする
  • 突然意味をなさない言葉を話す  など

上記のような症状が何回も起こるような場合は、てんかんが疑われます。早めの受診をおすすめします。

検査・治療

てんかんはまず脳波などの検査を行い、専門医等の診断・治療が必要です。基本的には抗てんかん薬といわれる、てんかん発作を抑えるための薬を使用し、治療を行っていきます。また、難治性のてんかんについては、外科的な手術をする場合もあります。適切な治療により70-80%以上の方々は、通常の社会生活を送っております。

TOP