診療時間 9:00~12:00/16:00~19:00 <休診日>土曜午後・木曜・日曜祝日
TEL:0584-47-9797
アクセス

社会不安障害

MOBILE SITE
HOME»  社会不安障害

社会不安障害(SAD: Social Anxiety Disorder)とは

誰しも日常生活の中で、発表やプレゼンを行うなど、人前に出る際に「恥ずかしい」「失敗したらどうしよう」など不安や緊張を感じたことがあるでしょう。社会不安障害とは、人前で話をすることや文字を書く、初対面の人にあいさつするなどの他人から注目される場面での行動に、過度に緊張し強い不安や恐怖を感じ、次第にそのような場面や人が集まる場所を避けるようになる病気のことです。

恐怖や不安を感じる状況

  • 人と食事するとき
  • 人前で発表するとき
  • 人前で文字を書くとき
  • 試験や仕事の面接を受けている際
  • 上司やあまり面識のない人との会話
  • 初対面の人に会う、話をする  など

社会不安障害の主な症状

  • 顔が赤くなる、青くなる
  • 声が震える、手足が震える
  • 頭が真っ白になる
  • めまいがする
  • 吐き気、動悸、息苦しさ
  • トイレが近くなる、または尿が出なくなる
  • 大量の汗が出る  など

社会不安障害の原因

社会不安障害の原因は、まだはっきりとはわかっていませんが、セロトニンやドーパミンなどの脳内の神経伝達物質のバランスが崩れ、神経が過敏な状態になることにより発症するといわれています。神経伝達機能が正常に作用すれば不安状態は発生しにくくなると考えられています。

TOP