診療時間 9:00~12:00/16:00~19:00 <休診日>土曜午後・木曜・日曜祝日
TEL:0584-47-9797
アクセス

不安障害

MOBILE SITE
HOME»  不安障害

不安障害とは

人間が生きていく上で、不安を感じることは当たり前で、ほどほどの不安は自分を守るためにとても大切です。しかし、その不安がいき過ぎてしまうと、心も身体も過度に緊張してしまい、常に過剰な不安や心配を感じ、日常生活に支障をきたすようになります。いき過ぎた不安を感じるようになった状態を「不安障害」と呼びます。

不安障害の種類

不安障害には、全般性不安障害、社会不安障害、パニック障害、恐怖症など、さまざまな種類があります。

・社会不安障害
社会不安障害は不安の原因が対人間関係場面に限られます。
詳しくはこちら>>社会不安障害へ

・全般性不安障害
多くの出来事または活動に対してなど不安の原因が多岐にわたっておりその原因は特定されません
。 学校や仕事、家庭など自分に関係することだけでなく、自分ではどうすることもできない災害や海外の戦争などまで、さまざまなことに不安えお感じてしまいます。心配な出来事の実現の可能性に釣り合わず、その心配を抑えることができません。常に緊張感を強いられるため、体や心が不調になり、仕事などへの集中力を著しく妨げられている状態です。

・パニック障害
突然理由もなく、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといった発作を起こし、生活に支障が出ている状態をいいます。死んでしまうのではないかという恐怖に駆られ、自分ではコントロールできないと感じます。

TOP