診療時間 9:00~12:00/16:00~19:00 <休診日>土曜午後・木曜・日曜祝日
TEL:0584-47-9797
アクセス

神経症

MOBILE SITE
HOME»  神経症

神経症とは

神経症は、過度の疲労やストレスなど心理的な原因により、疾患等の原因がなく心身に機能障害が起きる病気のことです。 特徴として強い「不安」と「緊張」があり、その不安な気持ちを自分でコントロールできなくなり、心身にさまざまな症状が現れます。
神経症が精神病と違うのは、神経症の人は症状を自覚し「これではいけない」という葛藤を感じ、なんとかして治したいという強い意欲があります。

神経症の種類と主な症状

・強迫神経症
「鍵をかけ忘れたかも」「電気を消し忘れたかも」「まだ汚れているのでは?」などささいな考えが頭から離れず、行為を反復してしまう症状です。

・不安神経症
過度の不安や心配がいつまでも続き、動悸や息苦しさ、手足のしびれ、知覚や視覚、記憶の消失などが身体症状となって現れるものです。

・恐怖症
高所恐怖症、先端恐怖症、閉所恐怖症、対人恐怖症など、通常では他の人があまり気にしない物事や状況で特定の対象に対してのみ極度に恐れる症状です。

・心気症
些細な体の不調を過度にとらえ、「何か重大な病気にかかっているのではないか」と思い込み、診察や検査の結果「異常が無い」といわれても納得出来ず、何度も受診を繰り返します。

・ヒステリー神経症
解離性(転換性)障害ともいいます。本人も自覚していない強いストレスやトラウマにより、手足が麻痺や、視覚の異常、全身のけいれん発作など、精神的な作用が身体にさまざまな症状を起こさせます。

神経症になりやすい人

  • ものごとにこだわりが強い人
  • 周囲の目を気にする人
  • 感受性が強い人
  • 欲望が強い人
  • プライドが高い人
  • くよくよと思い悩む人
  • 自分に自信が持てない人  など
TOP